ボディビル

Hidetada Yamagishi

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hidetada Yamagishi(@hideyamagishi)がシェアした投稿

IFBB Probodybuilder

彼は世界最大の大会である「ミスターオリンピア」に出場した最初の日本人です。
2001年にプロになってからすぐにアジアで最も偉大なボディビルダーとなりました。

日本のフィットネスは彼が引っ張ってきました。
彼は現在、アジアでトップのボディビルダーでしょう。

 

統計

身長 170
体重 93~102
生年 1973
国籍 日本
職業 ProBodybuilder

 

バイオグラフィー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hidetada Yamagishi(@hideyamagishi)がシェアした投稿

ボディビルとの出会い

日本の北海道で育った彼は、幼い頃からサッカー、少林寺拳法、柔道などたくさんのスポーツを行っていました。
高校の頃にラグビーを始め、それがトレーニングを始めたキッカケとなりました。

この時点での体重はわずか50㎏後半で年齢的にはとても痩せていました。
しかし、賢明な努力のトレーニングにより高校を卒業する頃には80kgになりました。

自信を持った彼はラグビーをやめ、ボディビルに焦点を当て始めました。

 

ボディビル

高校卒業後、早稲田大学に進学しました。
それはフィットネスに関する知識を深めスポーツ栄養学を学びました。
この時から彼の夢は「プロボディビルダー」でした。

19歳である大学2年生ですでに「全国大学選手権」で優勝していました。
2連覇を果たし日本の新星として名を馳せました。

 

プロカード

彼は25歳で最初の公式大会である1998年の「JBBFジャパンナショナルズ」のミドル級で2位につけました。
その後の3年間でさらに8つの大会に出場し、アスリートとして経験を積みました。

2001年は彼にとって大きな1年となりました。
「IFBBアジアアマチュア選手権」で優勝した彼は日本人で初となるプロカードを獲得したのです。

プロになった彼は「オリンピア」と「アーノルドクラシック」の勝利に向け、偉大なボディビルダーである「ミロス・シャシブ」をコーチにつけました。
その後、2012年1つの目標である「アーノルドクラシック212」で優勝を飾るのでした。

 

トレーニング

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hidetada Yamagishi(@hideyamagishi)がシェアした投稿

DAY1:

DAY2:AMー胸 PMーハムストリングス、ふくらはぎ

DAY3:

DAY4:背中

DAY5:

DAY6:背中

DAY7:休息日

 

栄養

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hidetada Yamagishi(@hideyamagishi)がシェアした投稿

彼は食べるものすべてを書き留めます。そうすれば変化を毎日の見れるからです。

 

AM6:00 ファットバーナー

AM7:00 ベーグル1個、全卵5個

AM10:00 オートミール、プロテイン、プレワークアウト

PM15:30 白米、ステーキ

PM18:30 白米、鶏肉

PM20:00 プロテイン

PM22:00 白米、魚

AM0:00 プロテイン

 

サプリメント:ファットバーナー、ホエイプロテイン、BCAA、プレワークアウト

 

-ボディビル

© 2022 M.B.W Powered by AFFINGER5